ダイドーグループホールディングス株式会社

イノベーション

新たな働き方への移行

スマートオペレーション体制
国内飲料事業におけるオペレーション効率化への取り組み

国内飲料事業の自販機ビジネスにおいては、労働力不足が業績面へ大きく影響を与えています。当社グループの全国有数の自販機網を支えるのは、グループ各社や共栄会(ダイドードリンコの自販機の特約オペレーター)各社の約3,000名のルート担当者です。近年では、特に共栄会が担う地方においてルート担当者の確保が困難になり、減少した人員でオペレーションできる規模まで縮小せざるを得ない状況が生じています。

これまでも、現場レベルで様々な改善に努め、業務の効率化をめざしてきましたが、もう一段踏み込んだ対策を行うには、新たにIoT技術を活用し、仕事の仕組みそのものを抜本的に改革することが必要です。そこで中期経営計画2021の投資戦略のひとつとして「オペレーションの効率化に向けたIoT投資」を掲げ、少ない人数でもオペレーションできる「スマートオペレーション体制の確立」をめざしています。

現在のオペレーション体制
スマートオペレーション体制
インサイドセールス

当社グループでは営業活動においても、フレックスタイムを活用したモバイルワークを徹底しております。

顧客企業の在宅勤務も進み、オンライン商談も徐々にではありますが、受け入れられつつあります。そこで当社は、自販機の新規設置場所開発のための営業活動において、オンラインによる商談を進めるインサイドセールスを推進しておりまして、9月からは専任チームを設置することといたしました。

とはいえ、最終的には対面による営業も重要ですので、インサイドセールス、それからフィールドセールス、それぞれのメリットを生かしながら、営業活動の量と質ともに上げていくことで、開発の生産性を向上してまいります。

コロナ禍において、自販機市場は⼤きな打撃を受けております。ただ、その売れ行きを細かく分析すれば、単に消費者が自販機で飲料を購入しなくなったのではなく、売れる場所が変わったにすぎないことがわかります。日々蓄積されるデータを基に、新たな設置先の開発営業において売れる場所のターゲットを柔軟に変え、自販機網を維持・拡大してまいります。

生じた変化
在宅勤務の定着化による「売れる場所」の変化
競合他社の自販機ビジネスへの取り組み姿勢の変化
対応
インサイドセールスチームの発足を決定
期待される効果
営業活動のDXにより、「売れる場所」へのロケーション開発営業活動を促進
  • オンライン商談ツールの活用オンライン商談ツールの活用
  • WEB会議を活用した商談の進行WEB会議を活用した商談の進行
  • 対面での商談により、設置につなげる対面での商談により、設置につなげる
  • インサイドセールス
  • フィールド
    セールス
  • 成約