DyDoグループの歩み

医薬品配置販売業からスタートしたDyDoグループの歩みを動画でご紹介しています。

DyDoグループの歩み (再生時間 約4分)

さらに詳しい変遷は、下記よりご覧ください。

1975年-1990年

1975年1 月清涼飲料の製造及び販売を目的として、大阪市都島区において資本金2千万円にてダイドー株式会社を設立。大同薬品工業株式会社(現・100%出資連結子会社、現・本店所在地奈良県葛城市)の清涼飲料販売の事業を引き継ぎ営業開始。
11 月「ダイドーブレンドコーヒー」を発売。
1978年10 月当社特約オペレーター(当社商品を取り扱う自販機運営事業者)を組織する「ダイド-ベンディング共栄会」を発足。
1983年3 月本社を大阪市南区(現・大阪市中央区)に移転。
1984年6 月商号をダイドードリンコ株式会社に変更。

1991年-2000年

1991年4 月奈良県北葛城郡新庄町(現:奈良県葛城市)に大同薬品工業株式会社工場を新設し、医薬品等(飲用)の受託生産の本格的取り扱いを開始。
1992年7 月大同薬品工業株式会社の減資に伴い、同社を子会社化。
11 月「ダイドーデミタスコーヒー」を発売。
1994年1 月株式の額面金額500円を50円に変更のため、株式会社ティーアンドティー(形式上の存続会社)と合併。
1998年10 月医薬品を含めた総合飲料事業の本格的推進のため、大同薬品工業株式会社の全株式を取得し、完全子会社化。
2000年4 月海洋深層水を使用した飲料の取り扱いのため、高知県室戸市に株式会社タケナカと合弁で清涼飲料等の製造会社、ダイドー・タケナカビバレッジ株式会社(持分法適用関連会社)を設立。
5 月海洋深層水を使用した水分補給飲料「MIU(ミウ)」を発売。

2001年-2010年

2001年8 月東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
9 月本社及び中部自販機管理センターにおいて、ISO14001の認証を取得。
2002年8 月静岡県袋井市に中部カーラ・コマース株式会社と合弁で販売会社、株式会社ダイドービバレッジ静岡(現・100%出資連結子会社)を設立。
2003年1 月当社株式、東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
6 月東京都港区に販売会社として株式会社ダイドービバレッジ東京(イー・ドリンコ東京株式会社に商号変更、2010年3月に販売会社6社と吸収合併を行い、ダイドービバレッジサービス株式会社に商号変更)を設立。
8 月愛媛県西条市に販売会社としてイー・ドリンコ四国株式会社(2004年11月に商号変更、100%出資連結子会社)を設立。
10 月販売会社として株式会社宝泉社(イー・ドリンコ株式会社に商号変更、100%出資連結子会社、本店所在地静岡県三島市)の全株式を取得。
12 月大同薬品工業株式会社工場においてISO9001の認証を取得。
2004年7 月埼玉県草加市に販売会社として株式会社ダイドービバレッジ埼玉(イー・ドリンコイースト株式会社に商号変更、2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)を設立。
2005年2 月大阪市平野区に販売会社として株式会社ダイドービバレッジ大阪(イー・ドリンコ大阪株式会社に商号変更、2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)を設立。
9 月本社を大阪市北区(現在地)に移転。
11 月イー・ドリンコ四国株式会社とイー・ドリンコ株式会社が合併、イー・ドリンコ株式会社(2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)として営業を開始。
2006年2 月川崎市川崎区に販売会社としてイー・カナゾン株式会社(イー・ドリンコ神奈川株式会社に商号変更、2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)を設立。
12 月株式会社ダイドードリンコサービス栃木(株式会社ダイドードリンコサービス関東に商号変更、現・50%出資連結子会社)の株式を取得し、持分法適用関連会社とする。
2007年3 月大阪市東成区にイー・ドリンコ株式会社と林一二株式会社との合弁で販売会社、センタンビバレッジ株式会社(51%出資連結子会社)を設立。
8 月茨城県ひたちなか市に販売会社としてイー・ドリンコ関東株式会社(2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)を設立。
11 月イー・ドリンコ株式会社が林一二株式会社の所有するセンタンビバレッジ株式会社の全株式を取得し、100%出資子会社とする。
2008年7 月中国市場における飲料ビジネスの展開を図ることを目的として、中国上海市に上海大徳多林克商貿有限公司(100%出資連結子会社)を設立。
9 月新潟市中央区に販売会社としてイー・ドリンコ新潟株式会社(2010年3月にダイドービバレッジサービス株式会社に合併し解散)を設立。
9 月イー・ドリンコ大阪株式会社がセンタンビバレッジ株式会社を吸収合併。
12 月中国上海市に上海大徳多林克商貿有限公司の子会社として、上海大徳鼎徳商貿有限公司(2012年4月に全出資持分を売却)を設立。
2009年1 月高知県高知市に株式会社タケナカと合弁で販売会社、イー・ドリンコ高知株式会社(持分法適用関連会社、ダイドー・タケナカベンディング株式会社に商号変更)を設立。
5 月株式会社秋田ダイドーの株式を取得し、持分法適用関連会社とする。
8 月株式会社群馬ダイドーの株式を取得し、持分法適用関連会社とする。
2010年1 月大阪市北区にダイドービジネスサービス株式会社(100%出資連結子会社)を設立。
3 月イー・ドリンコ東京株式会社を存続会社とし、イー・ドリンコ株式会社、イー・ドリンコイースト株式会社、イー・ドリンコ大阪株式会社、イー・ドリンコ神奈川株式会社、イー・ドリンコ関東株式会社及びイー・ドリンコ新潟株式会社を消滅会社とする吸収合併を行い、ダイドービバレッジサービス株式会社に商号を変更。

2011年-現在

2012年4 月上海米源飲料有限公司の出資持分を取得し、持分法適用関連会社とする。(2016年7月に全出資持分を売却)
6 月株式会社たらみの発行する全株式を取得し、100%出資子会社とする。
2013年12 月ロシア市場における飲料ビジネスの展開を図ることを目的として、ロシアモスクワ市にDyDo DRINCO RUS, LLC(100%出資連結子会社)を設立。
2015年12 月Milk Specialities Distribution Sdn.Bhd.の株式を51%取得し連結子会社とし、商号をDyDo Mamee Distribution Sdn. Bhd.(現・91%出資連結子会社)に変更。
MDD Beverage Sdn. Bhd.の出資持分を取得し、持分法適用関連会社とする。
2016年2 月トルコ共和国の大手食品グループYildiz Holding A.Ş.の製造子会社3社Della Gıda Sanayi ve Ticaret A.Ş.、Bahar Su Sanayi ve Ticaret A.Ş.、İlk Mevsim Meyve Suları Pazarlama A.Ş.(İlk Mevsim Meyve Suları Pazarlama A.Ş.は2018年10月にDella Gıda Sanayi ve Ticaret A.Şに合併し解散)の株式を90%ずつ取得。製造子会社3社及びDella Gıda Sanayi ve Ticaret A.Şの販売及びマーケティング子会社Link İçecek Satış ve Pazarlama A.Ş.(DyDo DRINCO TURKEY İçecek Satış ve Pazarlama A.Ş.に商号変更)を連結子会社とする。
2 月持株会社体制への移行に先立ち、大阪市北区にダイドードリンコ分割準備株式会社(ダイドードリンコ株式会社へ商号変更、100%出資連結子会社)を設立。
3 月鳥取県米子市にダイドーウエストベンディング株式会社(100%出資連結子会社)を設立。
2017年1 月持株会社体制へ移行し、商号をダイドーグループホールディングス株式会社に変更。国内飲料事業は会社分割によりダイドードリンコ株式会社に承継。