ダイドーグループホールディングス株式会社

イノベーション

人材力の強化に向けた人財戦略

ワークスタイルに対する価値観の変化や、DXの進展による社会変革の加速を踏まえ、自律型のプロフェッショナル人材を確保・育成するための環境を整備し、従業員エクスペリエンスを高めることで、生産性向上とイノベーション創出につなげています。

※従業員エクスペリエンス(Employee Experience/EXとは、働くことを通して従業員が得るあらゆる経験価値。
従業員の満足度や報酬・スキルアップだけではなく、従業員の健康状態や働き方など全ての影響を包括した考え方)

従業員が自律的に業務を推進する「新たな働き方」への移行

週3日までの在宅勤務を可能とする柔軟な勤務体制
営業社員は直行直帰によるモバイルワークを徹底

新たな働き方

内務職においては週 3 日までの在宅勤務、営業職においては直行直帰をベースとし、フレックスタイム等を活用した「新たな働き方」を導入しています。これにより移動時間が減少するとともに、メリハリのある勤務が可能になっています。また、会議の原則オンライン化、出張の抑制なども生産性向上につながっています。

テレワークをベースとした働き方に関する
リリースはこちらをご覧ください
多様なスキル・価値観を持つ人材の活躍促進

外部人材の積極的なキャリア採用
副業制度、副業受入制度の導入

副業制度

自社にない知見の獲得、従業員のスキルアップ、精神面での充実による本業へのプラス効果等を期待し、当社では副業制度を導入しています。社会人として一定の経験がある従業員は、会社からの許可により副業を実施することができます。
実際に副業に従事する従業員からは「心身ともに健康的になった」、「新たなツールを知ることができ、本業に生かせそう」等の声が上がっています。

副業・副業受け入れ制度に関する
リリースはこちらをご覧ください
従業員が能力を発揮できる社内環境の整備

DyDo Innovation Academy を通じた人材育成
エンゲージメント・サーベイの活用
従業員持株インセンティブ制度の導入

E-Shipの導入

本プランは、当社グループ従業員に対して中長期的な企業価値向上のインセンティブを付与すると同時に、福利厚生の増進策として、持株会の拡充を通じて従業員の株式取得及び保有を促進することにより従業員の財産形成を支援することを狙いとしています。

E-Shipの導入に関する
リリースはこちらをご覧ください