ダイドーグループホールディングス株式会社

グループミッション2030

 私たちが創業から培ってきたものであり、企業文化そのものであるともいえる共存共栄の精神は、SDGsの原則である「誰一人取り残さない」にも通じるものです。SDGsのめざす持続可能な社会の実現に向け、DyDoグループは事業を通じて貢献していきます。

 私たちを取り巻く事業環境は大きく、また急速に変化しています。この変化の中で、DyDoグループが持続可能な社会づくりに貢献し、また私たち自身も成長していくためには、これまでの事業の延長で物事を考えるのではなく、少し先のありたい姿を見据えた上で、事業を推進していくことが必要と考え、グループミッション2030「世界中の人々の楽しく健やかな暮らしをクリエイトするDyDoグループへ」を2019年1月に掲げました。

 変化の中でも、これまで私たちが培ってきたビジネスモデルに大きな影響を与えるのは、日本国内における人口動態の変化です。高齢長寿化が進む中で、健康的な生活を求める人々の意識はますます高まっていくことが考えられます。そして、健康でいるための価値を提供することが私たちの使命だと考えています。この実現に向けて、当社グループのありたい姿・方向性を4つのテーマごとに示し、その達成に向けたロードマップを描きました。

 そして、2020年初頭から起こった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、社会の在り方をさらに大きく変化させています。私たちがめざす方向性に変化はなく、むしろこの大きな社会の変化を、チャンスと捉え、これまでの取り組みをさらに加速し、ダイドードリンコが担う自販機ビジネスをサステナブルな事業へと変革すると共に、医薬品・医薬部外品の受託製造事業や、フルーツゼリーのたらみの食品事業などの既存事業を核に、M&Aを含め医薬品と飲料・食品の垣根を超えた市場を開拓し、非飲料事業での第2の柱を構築していきます。

世界中の人々の楽しく健やかな暮らしを
クリエイトするDyDoグループへ

DyDoはお客様と共に。
お客様の健康をつくります
おいしさへの飽くなき探求心のもと、世界中のお客様の健康や生活の質向上に貢献する商品・サービスをお届けします。
DyDoは社会と共に。
社会変革をリードします
持続可能な社会のために、常識に捉われず、新たな視点から社会変革を自らリードします。
DyDoは次代と共に。
次代に向けて新たな価値を生み出します
革新的なテクノロジーを活用し、すべてのステークホルダーにワクワクや驚きといった体験を提供します。
DyDoは人と共に。
人と人のつながりをつくります
グループ内外と柔軟に連携し、多様な価値観や能力を尊重しながら新たな共存共栄を推進します。

基本方針

「グループミッション2030」の実現に向けて定めた基本方針のもと、成長性・収益性・効率性の高い事業ポートフォリオの形成をめざします。

  • 連結業績における
    営業利益率
  • 国内飲料事業のイノベーション 時代の変化やお客様のニーズの多様化を捉え、もっと身近で毎日の生活に役立つ事業へと進化することで、DyDoグループのコア事業であり続ける 6
  • 海外での事業展開の拡大 世界中に、こころとからだにおいしいものを届けることにより、グループ全体の海外での売上高比率を20%以上に成長させる 5
  • 非飲料事業での第2の柱を構築 ヘルスケア市場を成長領域と定め、「医療」と「食品」の垣根を越えた新たな市場を開拓し、既存事業と融合するヘルスケア領域での事業を第2の収益の柱として構築する 10
グループミッション2030の基本方針と2030年のポートフォリオイメージ
グループミッション2030の基本方針と2030年のポートフォリオのイメージ
※図はイメージです。
円の大きさは営業利益額を示し、2018年度を薄色、2030年度を濃色で表現。

ロードマップ

「グループミッション2030」では2030年までの12年間を「基盤強化・投資ステージ」、「成長ステージ」、「飛躍ステージ」の3つのステージに分けています。

  • 2019
    2022
    2026
    2030
  •  [ 利益イメージ ]
    計画ベース
    成り行きベース
    投資戦略により、
    利益が目減りする部分
     [ 各ステージでの企業活動 ]
  • 基盤強化・投資ステージ
    成長ステージ
    飛躍ステージ
    • ・各事業の利益率改善を軸に施策を実施
    • ・海外飲料事業の選択と集中の検討・実施
    • ・事業成長に向けた投資を実施(既存事業での戦略投資や新規事業のM&Aなど)
    • ・自販機事業での新しいビジネスモデルの構築・育成
    • ・海外での事業先着の再構築
    • ・希少疾病の医療用医薬品事業やヘルスケア領域での新たな事業の育成
    • ・国内飲料事業におけるイノベーションの実現
    • ・海外での売上高比率を20%へ
    • ・ヘルスケア領域の事業を第2の柱へ
    世界中の
    人々の楽しく
    健やかな暮らしを
    クリエイトする
    DyDoグループへ
現在取り組む、
「中期経営計画2021」に
ついては、こちらからご覧ください。

事業を通じた社会的課題の解決

DyDoグループはこれまで、私たちを取り巻くステークホルダーの皆様との共存共栄のもと、成長してきました。時代の変化のスピードが加速する中で、私たちが持続的に成長を続けるためには、この共存共栄の精神を、私たちと直接の関わりが深いステークホルダーの皆様だけではなく、その先まで生かしていくべき時だと考えています。

私たちの強みを活かした社会課題の解決により、持続可能な社会の実現へ貢献し、50年先も100年先もステークホルダーの皆様と成長を続ける企業であるよう努めていきます。

DyDoグループのSDGs宣言

人財戦略

当社グループでは人材への投資を、持続的成長と中長期的な企業価値向上のための最重要課題と位置付けています。人財戦略に掲げた3つの観点から人材マネジメント体制を強化し、多様な価値観や能力を尊重しながら、ステークホルダーとの新たな共存共栄を推進してまいります。

グループミッション2030の達成にむけたマネジメント体制の強化
  • 人的資本の確保
    • ・HD機能の強化、新規事業を推進するための即戦力キャリア採用
    • ・将来を見据えた新卒採用の検討
  • 将来を担う人材の育成
    • ・次世代幹部候補生の育成
    • ・海外人材の育成
    • ・スペシャリストの育成
  • 人材の適正配置
    • ・グループ間での異動による経営資源の最適な配置
    • ・外部企業への出向による新たなノウハウの蓄積
中期経営計画2021について
はこちらをご覧ください。