ダイドーグループ 日本の祭り

ダイドーグループは、国内飲料、医薬品、食品、海外の各事業分野で様々なステークホルダーの皆様とのパートナーシップにより、お客様においしさと健康をお届けしています。例えば、グループ全体の売上高の約7割を占める国内飲料事業は、飲料の製造から商品の配送、自動販売機の設置、自動販売機への飲料補充、そしてリサイクルにいたるまで、そのすべてのビジネスプロセスは、地域社会をはじめとするステークホルダーの皆様との信頼関係の上に成り立っています。このことへの感謝の気持ちが、私たちダイドーグループのビジネスにおいて大切な価値観であり、地域社会が豊かで元気であり続けることが、事業の持続的な成長の源泉であると考えています。「ダイドーグループ日本の祭り」は、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」というグループ理念のもと、2003年に始まりました。全国各地で大切に受け継がれている祭りを通じ、地域の皆様に喜んでいただき、より豊かな日々をお過ごしいただけるお手伝いをしたい、地域の絆作りや活性化に役立ちたいという想いから始まったこの活動も、2020年でいよいよ18年目を迎えます。祭りは地域の文化や歴史を映し出すだけでなく、地域の未来をも支えています。祭りを元気にすることは、地域を元気にし、ひいては日本を元気にすること。ダイドーグループは、地域の方々や行政とも手を携えてこの活動に取り組み、日本の伝統的な文化を後世に伝えるという想いも込めて、地域活性化に貢献してまいります。