グループミッション2030

DyDoグループでは、中長期的な事業環境の変化が、ビジネスモデルに重要な影響を及ぼすリスクと事業機会を分析し、前期の中期経営計画「Challenge the Next Stage」における課題認識をふまえて、「グループミッション2030」を策定しました。
グループ理念・グループビジョンの実現のために2030年までに成し遂げるべきミッションとして、当社グループのありたい姿・方向性を4つのテーマごとに示し、その達成に向けたロードマップを描いております。

世界中の人々の楽しく健やかな暮らしを
クリエイトするDyDoグループへ
DyDoはお客様と共に。
お客様の健康をつくります
おいしさへの飽くなき探求心のもと、世界中のお客様の健康や生活の質向上に貢献する商品・サービスをお届けします。
DyDoは社会と共に。
社会変革をリードします
持続可能な社会のために、常識に捉われず、新たな視点から社会変革を自らリードします。
DyDoは次代と共に。
次代に向けて新たな価値を生み出します
革新的なテクノロジーを活用し、すべてのステークホルダーにワクワクや驚きといった体験を提供します。
DyDoは人と共に。
人と人のつながりをつくります
グループ内外と柔軟に連携し、多様な価値観や能力を尊重しながら新たな共存共栄を推進します。

基本方針

「グループミッション2030」の実現に向けて定めた基本方針のもと、成長性・収益性・効率性の高い事業ポートフォリオの形成をめざします。

成長性・収益性・効率性の高い事業ポートフォリオの形成

ロードマップ

「グループミッション2030」では2030年までの12年間を3年・4年・5年の3つのステージに分け、最初の3年間を「基盤強化・投資ステージ」、次の4年間を「成長ステージ」、最後の5年間を「飛躍ステージ」と位置付けています。

ロードマップ

事業を通じた社会的課題の解決

ESG課題への取り組みを強化することにより、中長期的な事業環境の変化による潜在的なリスクに備えるとともに、リスクを事業機会に変えることによって、社会的課題の解決を図り、世界中の人々の楽しく健やかな暮らしをクリエイトしてまいります。

ESG課題への取り組み

人財戦略

当社グループでは人材への投資を、持続的成長と中長期的な企業価値向上のための最重要課題と位置付けています。人財戦略に掲げた3つの観点から人材マネジメント体制を強化し、多様な価値観や能力を尊重しながら、ステークホルダーとの新たな共存共栄を推進してまいります。

人財戦略
中期経営計画2021についてはこちらをご覧ください。