中期経営計画2021

DyDoグループでは、「グループミッション2030」に定める当社グループのありたい姿の実現に向けた、「基盤強化・投資ステージ」として「中期経営計画2021」を策定しています。
以下に掲げた基本方針のもとキャッシュフローの最大化と成長戦略の推進に取り組んでまいります。

「中期経営計画2021」基本方針

「中期経営計画2021」基本方針

「中期経営計画2021」主要指標のガイドライン

「中期経営計画2021」では、3年間の固定的な定量目標は設定せず、主要指標のガイドラインを示し、事業環境の変化と重点戦略・投資戦略の進捗に応じた単年度目標を毎期設定する方針を掲げています。

主要指標 ガイドライン
売上高 ・既存事業のオーガニックな成長 + 新規M&A
営業利益率 ・既存事業の営業利益率(3%)- 投資戦略コスト + 新規M&A
・海外飲料事業の黒字化
キャッシュフロー(CF)
・既存事業から創出される営業CF 400億円以上
・既存事業にかかる通常の設備投資 280億円程度
投資戦略
・既存事業への成長投資 120億円程度
・ヘルスケア領域における新規M&A投資 300億円程度
・希少疾病の医療用医薬品事業の立ち上げ 30億円程度
株主還元 ・安定的な配当による株主還元の実現

重点戦略・投資戦略

重要戦略 投資戦略