中期経営計画

DyDoグループでは、2018年度を最終年度とする中期経営計画「Challenge the Next Stage」を策定しています。
2018年度の連結売上高2,000億円、営業利益率4%を中期経営目標として掲げ、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」のグループ理念のもと、持続的成長の実現に向けたチャレンジに取り組みます。

成長実現に向けた4つのチャレンジと方向性

成長実現に向けた4つのチャレンジと方向性
既存事業成長へのChallenge

DyDoグループは、これまで国内の飲料、食品事業に経営資源を集中することにより効率的な経営を推進してきました。
今後は、そうした堅固な収益基盤を背景として、既存事業の一層の業績向上と生産性の改善により、さらなる成長の原資となる安定的なキャッシュの創出にチャレンジしていきます。

商品力強化へのChallenge

商品力強化に向けた新たな取り組みや開発プロセスの見直しを行い、DyDoグループにしかできない商品をお客様にお届けすべく新たな取り組みにもチャレンジします。

海外展開へのChallenge

海外における本格的な事業展開を成長戦略に掲げ、2015 年にはトルコ、マレーシア市場へ参入。国内事業で培ったノウハウを活かして海外展開を加速することにより、トップラインの飛躍的成長にチャレンジします。

新たな事業基盤の確立へのChallenge

既存事業で確立してきた強固な財務基盤を背景として、企業理念の方向性や新規顧客層の獲得を意識した新たな事業領域への参入可能性を更に検討するとともに、“食や健康”関連の新規事業展開を図り、新たな事業基盤確立にチャレンジします。

4つのチャレンジに取り組むことにより、中期経営目標として、2018年度に連結売上高2,000億円、営業利益率4%を設定しております。
グループ全従業員が一丸となってチャレンジを続けてまいります。

イノベーティブな商品開発の実現

持続的成長の実現に向けて

2018年度までの中期経営計画で掲げた目標数値は、さらなる成長への通過点です。
今後とも、新たな企業理念とビジョンのもと、持続的成長の実現に向けて、あくなきチャレンジを続けてまいります。

企業理念・ビジョンの具現化