DyDoグループのビジネスモデル

独自のビジネスモデルを持つ3つの事業と成長する海外飲料事業

DyDoグループは、国内の飲料事業を担う「ダイドードリンコ」、業界トップメーカーとしてドリンク剤の受託製造に取り組む「大同薬品工業」、フルーツデザートゼリー市場において圧倒的な業界トップシェアを誇る「たらみ」の3つの事業会社を中心に構成されています。
各社が独自性のあるビジネスモデルを有しており、安定的なキャッシュ・フローを生み出しています。これにより確立された強固な財務基盤が当社グループの強みであり、「攻め」の経営を推し進め、新たな成長を実現するための原資を生み出しています。近年では新たな事業の柱として、海外での飲料事業の展開を加速させるとともに、「食と健康」をキーワードにM&Aによる新たな事業の可能性を探っています。