海外飲料事業

世界へ広がるネットワーク

DyDoグループは、持続的成長の実現に向けて高い成長性を見込める海外市場への展開を加速しています。2013年にはロシア・モスクワ市での飲料自販機展開を開始。現在の自販機設置台数は500台を超え、着々と礎を築いています。また2016年には、イスラム圏における戦略拠点を獲得すべくトルコとマレーシアの飲料市場へ参入しました。今後は、ロシアをHUBとしたCIS圏、マレーシアをHUBとしたイスラム圏、上海をHUBとした中華圏においてさらなる事業拡大を図っていきます。

世界へ広がるネットワーク

国内でのノウハウを生かした事業領域

当社グループの海外事業は、エリア特性に応じた事業展開を行っています。

輸入事業
中国 日本DyDoブランドの商品やマレーシアで企画・開発した商品を輸入し、現地のスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで販売。取り扱い商品、店舗の拡大に取り組んでいます。
ロシア DyDoブランドの商品、自販機を日本から輸出し、現地でDyDoマーク自販機を設置して飲料を販売。自販機の設置を推進し、さらなる浸透に向けて取り組んでいます。
製造・販売事業
トルコ 現地で製造・販売を行う企業へ出資し、現地ブランドの商品をスーパーマーケット、個人食料雑貨店などで販売。既存商品の販売を強化しつつ、ダイドードリンコが日本国内で培った商品開発力を生かし、より魅力あるブランドに育て、事業を拡大していく方針です。
マレーシア マレーシアの大手食品メーカー「マミー社」の飲料製造・販売事業に合弁出資し、日本DyDoの商品開発力と現地のマーケティングに関する知見や製造を融合させることで、高品質な新商品を開発し、商品を現地のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、個人食料雑貨店などで販売。既存商品の販売を強化しつつ、ダイドードリンコが日本国内で培った商品開発力を生かし、より魅力あるブランドに育て、事業を拡大していく方針です。

トルコ事業への取り組み

2016年に現地企業のM&Aにより進出したトルコは若年人口の比率が非常に高く、今後さらなる人口の増加が見込まれ、飲料市場の拡大が続くものと見込んでいます。また現在のトルコにおける飲料カテゴリは、コーラや炭酸飲料、フルーツジュースなど、カテゴリが限られており、市場の拡大とともにコーヒーや茶系飲料など新たな飲料カテゴリの創出が期待されます。DyDoグループは、今後の市場成長に加え、これまで日本国内で培った製品開発ノウハウを海外に展開することで、市場平均を超える成長をめざしていきます。

トルコ事業の主要ブランド製品
  • トルコ事業の主要ブランド製品
  • Camlica国内トップクラスブランドの炭酸飲料
  • Cola turka直訳は「トルコのコーラ」古くから国民に好まれるコーラブランド
  • Saka大容量のホームユースが多いミネラルウォーターブランド
  • Maltana新ブランドとして育てるモルト風味飲料

※写真にマウスカーソルを合わせると説明文を表示します。