「社会」には 人や社会との絆を大切に!

自販機を活用した地域の皆様との絆づくり

自動販売機体験授業の企画・運営

ダイドードリンコでは、「子どもたちに社会学習の場を提供し、地域社会に貢献したい」「社会インフラでもある自販機に興味や愛着を持ってもらいたい」という想いから、子どもたちを対象とした自販機に関する体験型の授業を全国の営業所で実施しています。紙芝居形式で行う「自動販売機の歴史」、自販機への飲料補充を行う「ローディング体験」などのプログラムを展開しております。

自動販売機体験授業の企画・運営

自動販売機体験授業を受けた子どもたちから喜びや感謝の手紙をいただきました。その一部をご紹介します。

※画像にマウスカーソルを合わせてご覧ください。

この活動は「地域コミュニティ貢献積立金」を活用しています。

地域コミュニティ貢献積立金についてはこちらをご覧ください
ペーパークラフト自動販売機キットの提供

ダイドードリンコでは、「大切な資産である自販機を活用して社会に貢献したい」という想いから、子どもたちの個性を引き出す「ダイドードリンコ ペーパークラフト自動販売機キット」を制作しています。2017年度は全国の子どもたちに3,500個を提供しました。
提供した団体や家庭からは、個性溢れるオリジナルの自販機と子どもたちの笑顔いっぱいの写真が届きました。

自動販売機体験授業の企画・運営
買いもの学習サポートシートの導入
お買いもの学習サポートシート

提供先の複数の団体から、ペーパークラフト自動販売機キットが自販機で飲料を購入する練習に役立ったという声が寄せられたことをきっかけに、2016年度からは新たに「お買いもの学習サポートシート」をキットに同梱。自販機でお買いものする方法を子どもたちが楽しく簡単に学習できるようサポートしています。

お買いもの学習サポートシート

「買いもの学習サポートシート」の活用事例
  • 買い物学習

    『miuを買うにお金はいくら必要かな?』

  • 買い物学習

    『お金をゆっくり入れていって』

  • 買い物学習

    『ボタンを押してmiuを購入!』

認定NPO法人カタリバ コラボ・スクール女川館 川井 裕子 様
認定NPO法人カタリバ
コラボ・スクール女川館
川井 裕子 様

ペーパークラフト自動販売機キットの作成を行う特別クラスを親御さんも交えながら実施しました。子どもたちは一生懸命に取り組み、先に完成した生徒が友人の作成を手伝う様子などが見受けられました。また、子どもたちは完成した自販機で遊びながら、お金を数えて入れて買い物をすることや自販機の仕組みなどを学ぶことができました。このような貴重な機会をいただき、本当にありがとうございます。

この活動は「地域コミュニティ貢献積立金」を活用しています。

地域コミュニティ貢献積立金についてはこちらをご覧ください
レンタルアンブレラの設置
レンタルアンブレラの設置

地域に根差した自販機ビジネスを展開するダイドードリンコは、普段自販機をご利用いただいているお客様や地域の皆様との絆をさらに深めるため、自販機で無償で傘を貸し出す「レンタルアンブレラ」を一部エリアで実施しています。本取り組みは、自販機の側面に傘の入ったレンタルアンブレラBOXを設置し、急な雨などの際にどなたでも自由に傘をご利用頂けるというものです。また、資源の有効活用や環境負荷低減の観点から、一部の傘には駅や電車での忘れ物傘を活用しています。

この活動は「地域コミュニティ貢献積立金」を活用しています。

地域コミュニティ貢献積立金についてはこちらをご覧ください
こども110番のくるまによる地域の見守り
子ども110番のくるまによる地域の見守り

ダイドードリンコでは、地域社会の一員として子どもたちの安全を守るため、地域に密着した営業活動の特性を活かし、「こども110番のくるま」の取り組みを一部エリアで実施しています。本取り組みでは、犯罪に巻き込まれそうになった子どもが助けを求めてきた際に保護するとともに、子どもに代わって警察や家庭に連絡するというものです。本活動を通じてルートカーが地域社会に安心を与える存在となり、ダイドードリンコがお客様や社会から愛される企業として成長していくことをめざします。