「株主様」には 継続的な企業価値向上を!

情報開示・コミュニケーションの充実

情報開示の方針

ダイドーグループホールディングスは株主、投資家様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様へ、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供をめざします。
会社法、金融商品取引法その他の諸法令ならびに東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報開示の他、DyDoグループへの理解を深めて頂くために有効と思われる情報についても、可能な範囲で、積極的かつ公平な情報開示に努めます。

IRポリシーはこちらをご覧ください
株主総会
株主総会

ダイドーグループホールディングスでは、株主総会を株主様との建設的な対話の場と認識し、公平で迅速な情報開示をはじめ、株主様がスムーズに議決権行使できる環境整備に取り組んでいます。

議決権行使環境の整備に関する取り組み

招集通知の迅速な開示株主様に十分な議案検討時間を確保して頂くため、株主総会招集通知を総会開催日の3週間前に発送しているほか、発送に先駆けて同4週間前に東京証券取引所、ICJ、当社ウェブサイトにて早期開示を実施しています。
議案の英訳海外の株主様に向けて、上程する議案の英訳版をホームページに掲載しています。
議決権行使方法の拡充郵送による議決権行使に加え、パソコンやスマートフォンなどを用いたインターネットによる電子投票の仕組みを採用しています。また、機関投資家様向け議決権行使プラットフォームに参加しています。
事業報告の動画配信遠方にお住まいの方や事情により株主総会にご参加頂くことができない株主様に向けて、ホームページで事業報告を動画配信しています。
株主・投資家様との対話機会の創出
株主・投資家様との対話

ダイドーグループホールディングスでは、株主、投資家様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様に当社グループへの理解を深めて頂くと共に、皆様の声を経営へフィードバックすることで企業価値の最大化に取り組んでいます。そのため、個人投資家様を対象とした会社説明会や機関投資家様を対象とした決算説明会などの機会を積極的に設け、株主・投資家の皆様との対話を充実させています。
また機関投資家様を対象とした決算説明会の模様は、より多くの皆様にご覧頂けるよう、ホームページで動画配信しています。

個人投資家向け会社説明会はこちらをご覧ください 決算説明会(決算発表)はこちらをご覧ください
イベント実施回数
株主様との双方向コミュニケーション

株主の皆様には、株主様向け通信誌「DyDo Challenge通信」を年2回お送りしています。IR活動における重要なテーマである「双方向コミュニケーション」を図るべく、アンケートを通じて株主様からのご意見やご感想をもとに誌面を改善し、お寄せ頂いたご質問にも誌面でご回答しています。「DyDo Challenge通信」という冊子名も、株主の皆様からアイデアを募集し、その中から決定しました。

  • クイズでお楽しみ頂ける表紙
    クイズでお楽しみ頂ける表紙
  • 社長が業績や次期戦略をご説明社長が業績や次期戦略をご説明
    社長が業績や次期戦略をご説明
  • DyDoグループのダイナミックなチャレンジをご紹介DyDoグループのダイナミックなチャレンジをご紹介
    DyDoグループのダイナミックなチャレンジをご紹介
  • 株主様アンケートの結果をご報告
    株主様アンケートの結果を
    ご報告

また、株主様からのご意見をもとに、株主様アンケートの結果をより早く、より詳しくご覧頂くために、当社ホームページで掲載しております。

  • DyDo Challenge通信で興味を持たれた記事
  • フリーコメントへの回答
株主様向け通信誌「DyDo Challenge通信」は
こちらをご覧ください