「環境」への取り組み 自然環境と調和のとれた経営を!

自販機での環境負荷低減

省エネ自販機

ダイドードリンコの自販機には省エネの工夫が満載されています。

省エネ自販機
  • ピークカット機能
  • ヒートポンプ機能

※1 ピークカット機能

一般的に、夏季(7月~9月)は冷房による電力消費量が大幅に増加し、特に気温が高くなる日中にピークに達します。そういったピーク時の使用電力をできるだけ抑えるため、比較的電力需要の少ない時間帯の電気を使用して自販機内の飲料を冷やし込み、需給が高まる時間帯には冷却運転を停止(ピークカット)することで、特に電力供給がひっ迫する夏場日中の消費電力削減に貢献しています。
ピークカット機能は、1995年以降生産された自販機に標準装備されており、特に断熱機能が進化した最新型の省エネ自販機においては、8時間冷却運転を停止しても飲み頃の飲料を提供することができるようになりました。

標準的な省エネ自販機

省エネ自販機には、7月~9月の13時~16時の間、冷却運転を3時間停止する機能が標準装備されています。

最新型の省エネ自販機

特に高い断熱機能を誇る最新型の省エネ自販機には、7月~9月の9時~17時の間、冷却運転を8時間停止する機能が標準装備されています。

※2 ヒートポンプ機能

ヒートポンプ機能

エアコンや給湯器で利用されているヒートポンプ機能を自販機に搭載し、積極展開しています。(一部機種除く)
自販機には商品を冷却する庫内と加温する庫内があり、商品を冷却することで熱が発生します。従来はこの熱を自販機の外に排出していましたが、これを商品加温する庫内に送り、加温熱として再利用するのが、ヒートポンプ自販機です。
そのため、消費電力を抑えることができ、CO2排出の削減にもつながります。

ヒートポンプ自販機の導入率は年々向上し、100%に近づいています。

ヒートポンプ自販機の導入推移

これらの進化した省エネ機能により、ダイドードリンコの自販機は2000年と比較して、80%以上の消費電力量削減を実現しています。

自販機1台あたり年間消費電力量の推移
環境に配慮した自販機

ダイドードリンコでは、従来の使用期間を満了した自販機を点検・分解し、リフレッシュした扉やラックなどを新しい省エネユニットと組み合わせて、新品同様の省エネ機能をもつ自販機として甦らせています。この長寿命化を実現した自販機を「フロンティアベンダー」と命名し、環境負荷低減とコスト削減の両立を推進しています。

自販機再生のイメージ
自販機の事前選別・リサイクル

役割を十分に果たした自販機は地球温暖化につながるフロンや環境汚染につながる蛍光灯、電池などの有害物質を回収・適正処理した後、自販機全体の約90%を構成する鉄資源や各種プラスティックはもちろん、配線や冷却ユニットに含まれる銅やコンピューター基板などに含まれる金などのレアメタルまでも抽出し、都市鉱山資源としてリサイクルしています。
※一部リサイクルが困難な廃棄物に関しては、管理型最終処分場で適正処理しています。

自販機の事前選別・リサイクル