「環境」への取り組み 自然環境と調和のとれた経営を!

従業員による環境保全

森林保全活動

ダイドードリンコは、地球温暖化をもたらす二酸化炭素の吸収源として重要な役割を担う森林を守るため、2003年より長野県東筑摩郡朝日村と森林の里親契約を結んでいます。森林整備活動に取り組むとともに、豊かな自然環境を次代へと受け継いでいくには地域コミュニティとの関わり合いが不可欠であると考え、地域住民を招いて間伐材工作教室や自販機体験授業を実施しています。

森林保全活動
東筑摩郡朝日村 村長 中村 武雄 様
長野県東筑摩郡朝日村村長 中村 武雄 様

長野県が2003年に始めた「森林の里親促進事業」の第一号として、ダイドードリンコ株式会社と朝日村の里親・里子の関係がスタートしました。同社の中部第一営業部の皆さんで結成されている「森林整備隊」は朝日プライムスキー場付近の除伐や枝打ちだけでなく、近隣に住む親子を招いて間伐材工作教室を実施するなど地域住民との絆を大切にして頂き、大変感謝しております。2014年には「ダイドードリンコプライムの森」看板を新調して頂き、さらに絆が深まったと感じております。これからも国土を守り、地球温暖化の抑制に取り組み、「おいしい水」を育む大切な森をいっしょに育てていきたいですね。

信州朝日村のウェブサイトはこちらからご覧ください

※朝日村を紹介したプロモーション動画もご覧頂けます。

この活動は「地域コミュニティ貢献積立金」を活用しています。

地域コミュニティ貢献積立金についてはこちらをご覧ください
ダイドードリンコの地域清掃活動

ダイドードリンコの自販機は全国に設置されており、各地域のお客様から飲料をご購入いただいております。今後も地域社会の一員として、可能な限り清掃活動などに取り組んでいきたいと考えています。

地域清掃活動
大同薬品工業の地域清掃活動
葛城川の清流復活をめざす清掃ボランティア活動

葛城山系の地下水を処理し、精製水として利用している大同薬品工業では、良質な水質を育む自然環境を保全することは重要な経営課題の一つと考えています。2013年3月より、大和川の支流である葛城川の清流復活をめざす清掃ボランティア活動に参加。継続的に参加することで、地域社会とのコミュニケーションを図りながら環境保全活動に取り組んでいます。